指圧とは?

「手当て」の原理を追求した治療法

指圧とは読んで字の通り指で圧(お)す治療法です。全身を指で圧すことにより、私たちの身体に備わっている自然治癒力の働きを促進させ、身体の機能を正常化させていきます。 みなさんは、おなかや頭が痛い時知らず知らずのうちに痛む箇所を手で触っていませんか。おしたり、さすったり、もんだりしているうちに痛みがやわらいだり、散ったような経験はどなたでもあると思います。 指圧は私たちが本能のように知っているこの「手当て」の原理を追求し、最も効果が上がるように極めたものです。だれにとってもなじみがあり、安心できて気持ち良く、しかも十分に治療効果が期待できる手技療法です。

指圧の目的

元来人間の身体には悪い所を自然に治す能力が備わっています。指圧はこの「自然治癒力」の働きを促進させる事が目的です。 自然治癒力の働きを促進させるには、全身の筋肉を柔軟に保ち、体液循環(血液・リンパの流れ)を良くしておくことが重要です。 頭が痛い、重い、肩がこる、首や背中がはるというような症状は疲労がたまっているという警報です。適切な手当て(指圧)により、自然治癒力を引き出し疲労要素を取り除けば、こじらせて手遅れになることを防げます。

マッサージとの違い

「指圧」とは日本で生まれた技法で、あん摩・マッサージのようにもんだりたたいたりしません。手指や掌で身体に圧をくわえ、筋肉を正常化し、身体の均衡を保つ技法です。 部分的な身体症状(痛み・こり・しびれ)はもちろん、全身的な不調(だるさ・疲れ・冷え)を感じている方におすすめです。 また、健康の維持・増進、病気やけがの予防にも効果があります。

適応症

首・肩・腰・膝の痛み  頭痛  めまい  目の疲れ  つきゆび  ねんざ  無気力  関節痛  手足のしびれ
高血圧  生理痛  便秘  冷え性  胃痛  運動後の手入れ  その他